教育普及・イベント

ホリデーイベント 史料から災害を記憶する ― 感染症【開催延期】(2021年6月19日開催)

【6月のホリデーイベントは臨時休業に伴い、開催を延期します。延期の日時については未定です。】

むかしのアイヌ民族は、感染症のような病気についてどう見ていたのでしょう。アイヌ社会に天然痘が流行した歴史的背景を史料から読み解きます。むかしのアイヌ民族の対策が今のパンデミックの状況にどうつながり、未来にどうつないでいくか考えてみましょう。

日時2021年6月19日(土)14:00~14:30
会場国立アイヌ民族博物館 1階 交流室
参加費無料
定員50名
イベント形式
*小学生以下は保護者同伴
持ち物(任意)えんぴつ、メモ紙
写真撮影不可
動画撮影・録音不可
申込方法6月5日(土)から受付開始
*申込方法の詳細は、後日このページに掲載します。
お問合せ0144-82-3914(9:00~17:00)
備考*ウポポイ及び博物館の入場には、別途それぞれの予約が必要です。詳しくはこちら(ウポポイウェブサイト)をご覧ください。

*当イベントは、日本博物館協会の「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいて実施します。

開催中のイベント

開催情報はありません

次回予定の特別イベント

開催情報はありません

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP